様々な用途に応じたビニール袋を小ロットで制作

   

企業が利用しているビニール袋は、単なる容れ物ではなく、その企業の顔でもあります。街を歩いてみると、ロゴや独特の装飾が凝らされた袋がまるでその人愛用のバッグのように利用されています。
企業の活動として、インターネットを利用した広告やマスメディアを利用した広告を用いて、名前やイメージを作り上げていく、あるいは売っていくというものがあります。広告活動は重要ですが、一方で、広告のためだけにコストをかけることは贅沢とも考えられます。
その点では、消費者が袋をもって歩いてくれているのはただで宣伝してくれるようなものだとは考えられないでしょうか。これによって、包装に必要不可欠なコストを利用して宣伝効果を狙うというお得なことが可能になります。そのためには、様々な狙いに応じた多様な袋を小ロットで生産できる体制が必要になります。

顧客ニーズの多様化に応じた多品種少量生産

人の好みは様々であり、あるデザインをかっこいいと思う人がいれば、かっこ悪いと思う人もいます。ビニール袋にしても同じことで、一つのデザインをかっこいいと思う人もいればかっこ悪いと思う人もいます。
それを考慮すると、多品種少量生産が重要になるでしょう。昔は少ない品種を大量に生産するというスタイルの商売が主流を占めていました。純粋にモノがなかった時代には、とにかくいいものをたくさん作ることができれば売り上げに直結すると考えられました。しかし、現代ではそうはいきません。同じような機能を持つものが二つあっても、気に入ったデザインのものは大変価値があると思われ、気に入らないデザインのほうは価値が無いと思われます。小ロット生産がなければ、作ってしまったものがすべて無用になってしまうリスクを抱えることになってしまいます。

現代におけるプロトタイピングの重要性

あるデザインのビニール袋が消費者に受け入れられるかどうかということをどのように判断すればよいでしょうか。この判断の答えは実際に手に取ってもらうまでは不確実です。もしもどのような反応が返ってくるかがわかればよいですが、消費者の好みは予測しきれません。人々の好みやニーズは多種多様であり、予測が難しいということを背景に、プロトタイピングという考え方が商売では重要になってきています。これは、人の好みが予測できないなら実物を作ってテストしてしまおうという発想です。ある袋が気に入ってもらえるかどうかは実際に少し作ってみて使ってもらって確かめればよいのです。これによって、マーケティングや不良在庫のコストを回避することができます。プロトタイピングのためには、小ロット生産が不可欠です。なぜなら、テストには大量生産の必要がないからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

ビニール袋の印刷をして自社オリジナルに

企業や店舗で資料を渡したり、商品を入れたりするのに袋やバッグが欠かせません。特に、社名やロゴマークを入れられれば、顧客にバッグを持ってもらうことで自社の宣伝になります。また、企業をイメージしたイラスト...

様々な用途に応じたビニール袋を小ロットで制作

企業が利用しているビニール袋は、単なる容れ物ではなく、その企業の顔でもあります。街を歩いてみると、ロゴや独特の装飾が凝らされた袋がまるでその人愛用のバッグのように利用されています。企業の活動として、イ...

様々なサイズのビニール袋が作れる会社

「ビニール袋を作りたいけれども、どこの会社に頼めばよいか分からない」「いろいろなサイズの袋が欲しい」といったことでお悩みではありませんか?オリジナルのビニール袋を作りたいという方におすすめできる会社も...