ビニール袋の印刷をして自社オリジナルに

   

企業や店舗で資料を渡したり、商品を入れたりするのに袋やバッグが欠かせません。特に、社名やロゴマークを入れられれば、顧客にバッグを持ってもらうことで自社の宣伝になります。また、企業をイメージしたイラストや写真を入れられれば、更に強く訴えかけ印象づけることも可能です。
ビニール袋は大きいサイズの物でも軽くて薄くて丈夫で、手軽に使うことができます。水濡れにも強いので、冷たい商品や雨の時に使うにも利用しやすいです。自社オリジナルの袋を作る際に、コストが気になる方も多いと思います。しかし、しっかりした製造会社であれば、コスト面で相談にのってもらえることもありますし、小ロットでの印刷にも対応できる所も多いです。オリジナルで入稿する場合にも、画像処理ソフトを使ってできる所もあります。

短期間で納品を頼みたい場合には

急に足りなくなったり、予定よりも利用する枚数が多くなりそうだったりする時には、納期を急ぐことがあります。簡単な社名のロゴや名入れだけで良い場合は、無地の既製品のビニール袋に印刷する方法で対応できることがあります。海外製の袋を扱う所も多いので、人件費などのコストを抑制も可能なことから安価に品質の良い物を入手できます。
最寄りに対応できる会社がなければ、インターネットで発注できる会社もあり、思い立った時にすぐに発注できる所も多いです。製造会社によっては、簡単なデザインの作成であれば、依頼できることもあるので問い合わせてみることを勧めます。通常は1000部単位で作成を受ける会社が多いですが、名入れやシンプルなロゴマークであれば、製版をしなくても作成可能なために100部単位で受注可能とする製造会社もあります。突発的なイベントなどで使う枚数が限られている時にも注文しやすいです。

環境にも対応できる袋の作成も可能

ビニール袋にはプラスチックなどの石油由来の原料が使われているため、地球環境に悪いのではと不安になる方も多いのではないでしょうか。近年では、植物由来の原料をプラスチック素材に混ぜることで環境に配慮している製品も出ています。燃やしても植物が含まれているので、二酸化炭素を発生させにくいことが挙げられます。また、石油由来の素材を少なくできることで、石油資源を使う量を減らすというメリットもあり、環境悪化を防止する効果もあります。
このような製品の袋にはバイオマスマークの印刷が可能ですので、袋を使う顧客に環境に配慮している会社という良いイメージを植え付けることも可能です。製造ロットの単位が大きくなったり、製造単価が通常の商品と比べて2割程度高くなったりするのですが、企業の宣伝という意味では有利に働くと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

ビニール袋の印刷をして自社オリジナルに

企業や店舗で資料を渡したり、商品を入れたりするのに袋やバッグが欠かせません。特に、社名やロゴマークを入れられれば、顧客にバッグを持ってもらうことで自社の宣伝になります。また、企業をイメージしたイラスト...

様々な用途に応じたビニール袋を小ロットで制作

企業が利用しているビニール袋は、単なる容れ物ではなく、その企業の顔でもあります。街を歩いてみると、ロゴや独特の装飾が凝らされた袋がまるでその人愛用のバッグのように利用されています。企業の活動として、イ...

様々なサイズのビニール袋が作れる会社

「ビニール袋を作りたいけれども、どこの会社に頼めばよいか分からない」「いろいろなサイズの袋が欲しい」といったことでお悩みではありませんか?オリジナルのビニール袋を作りたいという方におすすめできる会社も...