ソーシャルレンディングは高利回りの資産運用が可能

お金が余っている人は、投資や資産運用をしてお金を増やそうとするでしょう。しかし、投資などにはリスクもあるので、お金を絶対に減らしたくないという人には向いていません。お金を減らしたくないならば、定期預金などの安定した資産運用の方法を選ぶべきです。
しかし、現在は金利がとても低いので、定期預金をしてもほとんど資産は増やせません。定期預金の金利は銀行によって異なりますが、高いところでも年0.10%くらいとなっています。ソーシャルレンディングの魅力は、定期預金よりもはるかに高利回りで資産運用ができるということにあります。金利は業者によって異なりますが、5.0%~10.0%くらいとなるようです。まだ日本では新しいサービスですが、海外ではすでに行われていた影響などで、情報はある程度出回っています。

どのくらい稼げるの?そのメリットは?

ソーシャルレンディングは、投資家と企業の間に仲介業者が入って、お金を貸したい人と、借りたい人をつなぐサービスであると言えます。お金を借りたい企業にとっては、銀行に比べると金利は高くなる傾向があるものの、審査は銀行よりも柔軟なので、目的が果たせるというメリットがあります。業者によりますが、消費者金融よりは低金利になるかもしれません。
投資家にとっては、余っているお金を高利回りで運用できるので、大きなメリットがあります。年10.0%で1年間貸し出しをすれば、1000万円が1100万円となって戻ってきます。実際にはリスクもあるので、まずは3ヶ月~6ヶ月くらいの短期で運用をしてみると良いでしょう。他の投資に比べるとリスクは少なく、高い利益を出せる可能性があります。

貸し倒れのリスクはどのくらい?

ソーシャルレンディングで高利回りの資産運用が出来ると聞いたときに、一番に思うのは、そのような都合の良い話があるわけないということかもしれません。確実に利益を出せるならば、だれも定期預金を利用しなくなるでしょう。実際には、リスクもそれなりにあります。
そのリスクとは、企業が倒産などをしてしまって、貸したお金を回収できなくなってしまうというリスクです。現在では、大きな貸し倒れが起きたという話はないようですが、将来はどうなるかわかりません。銀行から融資を受けられないような企業が利用をする傾向があるので、リスクは低くないと考えておいたほうが良いでしょう。
しかし、短期間のうちに企業が倒産してしまうということは考えにくいので、短期で契約を結べば、リスクはそれほどではないと考えられます。